お湯だけでほとんどの汚れが落とせるのは本当?

お湯だけで髪のほとんどの汚れが落とせるのは本当?

 

お湯だけでシャンプー

 

体や髪は石鹸やシャンプーを使わなくても、お湯だけでも7割以上の汚れが落とせると言われています。

 

確かに、汗をかいた後にお湯を浴びるだけでもすっきりし、石鹸を使わなくても汚れが残っている感じはしません。

 

湯船に浸かれば、より体の汚れを落ちることになるはずです。

 

 

少し前に流行った湯シャンもこの事実を元に考えられた頭皮と髪の健康法です。

 

しかし、今この湯シャンを続けている人はほとんどおらず、芸能人でも以前は湯シャン派を公言していた人も今では・・・

 

体と頭皮や髪の汚れはやはり違いがあり、シャンプーをせずにお湯だけで汚れを落とすには限界があるのかもしれません。

 

 

私も髪の傷みや抜け毛が気になり湯シャンを試したことがありますが、明らかに頭皮環境が悪化しました。

 

ベタつきやかゆみがあり、久しぶりにシャンプーをした時の抜け毛が尋常ではないのです。

 

このままでは、薄毛が進行してしまいそうで即中止しました。

 

 

この方法は、頭皮の乾燥が原因で髪の傷みや抜け毛が増加している人には効果的かもしれませんが、やはり毛穴の詰まりが深刻で合わない人も多いのではないでしょうか?

 

色々な情報がありますが、誰でも効果があると信じるのも危険なのかもしれません。

 

 

そもそもシャンプーは何のためなのか?

 

毎日顔を洗うように、何の疑いもなくシャンプーをしている人がほとんどだと思います。

 

「なぜ毎日シャンプーをする必要があるのか?」そんなことを真剣に考えたことがある人は少ないはずです。

 

  • 洗わないと髪がにおうから
  • かゆくなるから
  • フケが出るから
  • 髪がべたつくから
  • 習慣だから

 

シャンプーは髪をきれいに保つため、髪をきれいにするためだと思っている人も多いようです。

 

しかし、シャンプーをする本当の理由は髪を洗うためではなく、頭皮を洗うためなのです。

 

髪の毛自体は死んだ細胞なので、洗っても蘇ることはなく、トリートメントや整髪料で人工的に艶を与えてるしかありません。

 

髪の艶やボリューム、ハリやコシ、強さなどはずべて頭皮環境が元になっており、頭皮を健康に保つことが本当にきれいな髪を保つことになるのです。

 

 

顔の中でもTゾーンと呼ばれるおでこから鼻にかけては、皮脂腺が多くニキビができやすいと言われています。

 

頭皮にはそのTゾーンの3倍もの皮脂が分泌されているので、毎日シャンプーをしないとすぐに毛穴が詰まってしまい、様々なトラブルが起こってしまうのです。

 

ですから、一日の終わりにシャンプーをすることはとても大切で、将来の髪にも影響するのです。

 

 

頭皮の皮脂は全て取り除くのが正解?

 

お湯 シャワー

 

毎日のシャンプーにどのようなことを求めているでしょうか?

 

頭皮と髪の汚れがすっきりと落ち、サラサラ、しっとり・・・

 

様々な効果が期待できるシャンプーがありますが、頭皮の皮脂をしっかり洗い流すシャンプーを使うことで頭皮環境は改善するのでしょうか?

 

実は、頭皮の皮脂や常在菌は決して悪いものではなく、むしろなくてはならないものなのです。

 

 

白色ブドウ球菌やマラセチアなどの菌の名前を聞くと、すぐにでも洗い流したくなります。

 

しかし、これらは私たちの頭皮にいる常在菌で、これらと毛穴から分泌される皮脂が混じり合い分解されることで、頭皮や髪を保護する膜ができるのです。

 

この膜はバリア効果があり外的な刺激や乾燥から守る役割を果たします。

 

 

頭皮や髪がベタつきからと言って、これらの大切な常在菌や必要な皮脂まで洗い流すシャンプーを使ってしまうと、逆に頭皮環境が悪化します。

 

常在菌と皮脂のバランスが整っていると、ターンオーバーが正常に行われフケや痒み、臭いのない頭皮と髪を保つことができます。

 

ですから、過剰に分泌された皮脂や菌を洗い流し清潔な状態に保ちつつ、必要なものは残すことができるシャンプーを選ぶことが大切なのです。

 

抜け毛も白髪も予防できる↓haru黒髪スカルププロ