危険な抜け毛の見分け方

危険な抜け毛の見分け方・・早期発見が大切

 

誰でも一日に50本から100本程度の髪が抜けていると言われていますが、素人には危険かそうじゃないのかは分かりませんよね?

 

当然一日分の抜け毛の本数を数えることはできませんし、シャンプーやブラッシング、普通に生活しているだけでも髪は抜け続けているのです。

 

抜け毛

 

髪が抜けることが異常なことのように思っている人がいますが、それは大きな間違いです!

 

抜けないことの方が大問題です。

 

髪には寿命があり、ある程度の周期で抜けては生えるを繰り返しています。

 

このサイクルが正常な状態なら、抜けてもそれと同じだけ新しい髪が生えてくるのですから、当然髪の量は変わりません。

 

 

しかし、薄毛に悩む人は寿命までまだ時間がある髪が何らかの理由で痩せ、抜けやすくなってしまいます。

 

すると、ちょっとした刺激でも簡単に抜けてしまい、新しい髪が生えにくい状態になります。

 

多くの場合は、頭皮環境の悪化により毛根まで十分な栄養がいきわたらず、やせ細り抜けてしまいます。

 

栄養が少ない頭皮からは新しい髪が育ちにくく、抜けた分だけの髪が生えてこないので、どんどん薄毛は進行していきます。

 

 

これを解消するためには、健康な髪を育てるためには、生活習慣や食生活、頭皮環境を整えるためのヘアケアがとても重要なのです。

 

 

早急に対策が必要な抜け毛

 

年齢と共に髪は細くなり抜け毛が増えると言われていますが、それは徐々に進行するため、気付いたころにはかなり危険な状態のことが多いようです。

 

早い段階で気づいていれば、自分でケアするだけで改善が期待でき、年齢を重ねてもボリュームのある健康な髪をキープすることができるのです。

 

 

それでは、このままでは危険な抜け毛を自分で判断するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

特にまだ若い人は自分の抜け毛にを気にすることが少なく、早期発見ができなことが多いのです。

 

しかし、ちょっと気を付けるだけで、抜け毛が異常なのかそれとも普通なのかを判断できるので、ぜひ覚えておいてください。

 

  • 排水溝の毛が以前よりも詰まりやすい
  • 洗面所の床に髪がたくさん落ちている
  • ブラッシングの際に髪が大量に抜ける
  • 頭皮にべたつきを感じる
  • 髪が伸びにくい

 

 

これらは、健康な髪でも起こることですが、ポイントは以前よりも明らかに増えているかです。

 

薄毛が進行すると、分け目やつむじの頭皮が見えるため、自分でも髪が減っていることに気づきます。

 

しかし、その前の髪が抜け始めた段階で何らの対応ができれば、見た目でもわかるほど薄毛が進行する前にストップさせることができるのです。

 

 

あまり心配のない一時的な抜け毛

 

抜け毛が急に増えると誰でも心配になりますよね?

 

確かに、それが進行すると女性でも頭皮が透けて見えるほど薄毛になることがあり、老化だけではなく若い女性にも増えていると言われています。

 

しかし、急に増える抜け毛のすべてが危険なものではありません。

 

 

心配ない一時的な抜け毛の原因はいくつかあり、女性の場合は出産後の抜け毛があります。

 

産後のホルモンバランスが原因で、一時的に心配になるほど髪が抜けますが、それも半年から一年で解消するの大丈夫です。

 

誰にでも起こる現象なので、焦らずにいつも通りのケアをして過ごしましょう。

 

 

また、季節的な抜けががあり夏の終わりごろから秋にかけて、誰でも抜け毛が増えると言われています。

 

夏に浴びた紫外線などで頭皮がダメージを受けていることが原因で、秋になると排水溝が一気につまり出すなどと言う人がいます。

 

これも徐々に落ち着くので、心配いりませんが、そのダメージが深刻な場合はそのまま改善しないことも考えられます。

 

心配な人は、抜け毛対策用のケア用品を使うことをおすすめします。

 

 

このように、抜け毛が増えるととても心配ですが、一時的な場合もあります。

 

しかし、予防することで深刻な状態を避けることができるので、毎日のヘアケアは抜け毛が増える前に行うと安心ではないでしょうか?

 

抜け毛も白髪も予防できる↓haru黒髪スカルププロ