未だに解明されていない秋の抜け毛

未だに解明されていない秋の抜け毛 ボリュームが減った時にすべき事

 

自分が薄毛かもしれないと思うのはどのようなことがきっかけでしょうか?

 

以前よりも明らかに抜け毛の量が増えた時。

 

例えば、シャンプーやドライヤーによってたくさんの髪の毛が落ちていることに気づいた瞬間かもしれません。

 

その大量の抜け毛が続くと、普段の分け目がやけに目立つようになったり、以前はふんわりしていたヘアスタイルのボリュームがなくなり、ペタンコになってしまいます。

 

 

このように抜け毛の量が以前よりも増えることで、髪の毛全体のボリュームが減りヘアスタイルが決まらないことはよくあることです。

 

特に、加齢による薄毛は抜け毛が増えることで気づくことが多いようです。

 

しかし、抜け毛の量はさほど増えていないけれど、ボリュームが減ってきたと感じた場合も、同じように薄毛が進行している可能性が高いのです。

 

薄毛=髪が抜けると考えがちですが、実際の量は変わらなくても髪の成長が悪く、細くなることで全体のボリュームが減ってしまいます。

 

これも薄毛と言え、見た目の印象も変わってしまいます。

 

 

シャンプー時やドライヤーの時の抜け毛が以前と変わらないと安心していると、気づいた時には頭皮見えてしまうほど薄毛が進行しているかもしれません。

 

ですから、薄毛のチェックは抜け毛の量だけではなく、髪の太さにも注目しなくてはならにのです。

 

 

秋の抜け毛

 

秋の抜け毛

 

季節の抜け毛は空きが一番多いと言われています。

 

夏の終わりごろから始まり、数か月続く秋の抜け毛に毎年悩まされている人も多いのではないでしょうか?

 

夏の紫外線や暑さによって体がダメージを受けていること、あるいは頭皮に直接日光が当たることで毛根に何らかの負担が生じることが原因だと言われています。

 

 

たしかに、夏の暑さによって体力が奪われ、食欲もなくなる人は多いはずです。

 

じりじりとした太陽の日差しによって頭皮がダメージを受けるのも当然ですよね。

 

しかし、これは本当にそれが原因で秋に抜け毛が増えている証拠はなく、おそらくそうだろうと言われているだけなのです。

 

 

実は、この他にもう一つの説があります。

 

それが人間の動物としての名残が原因ではないかというもの。

 

多くの動物が冬を前に毛が抜け落ち、新たな毛が生えてきます。

 

これと同じことが人間にも起きているのかもしれません。

 

 

どちらにしても、秋には大量の髪が抜け落ちる人が多いようです。

 

それ自体は全く異常なことではありませんが、その後に健康的な髪が生えてくるのかが問題なのです。

 

もし、抜けるだけで生えてこなかったら、どんどん薄毛が進行してしまいます。

 

ですから、季節的な抜け毛なのか、それとも頭皮環境の悪化など何らかの異常な起こっているのかを見極める必要があります。

 

 

ボリュームが減ったと気づいたら、まず何から始める?

 

最近髪のボリュームが減ってきた、今までのヘアスタイルが決まらない・・・そう感じ始めたら、まずは何をしたらいいのでしょう?

 

女性は自分のヘアスタイルに気を使っている人が多いため、少しボリュームが減っただけで気づくはずです。

 

気付いてすぐに抜け毛ケアを始めることで大切で、それが遅れたことで深刻な状態になる可能性もあります。

 

 

もちろん、原因が分かる場合はすぐにでもそれを解消すれば良いのですが、ほとんどの場合ははっきりしません。

 

ストレス、ホルモンバランス、食生活の乱れ、加齢など女性の薄毛の原因は様々で、しかも一つではないことが多いのです。

 

複雑に絡んだ原因をすべて解消することは難しいのです。

 

 

とは言っても進行性の薄毛は放置すると悪化してしまいます。

 

まずは自分でできることから始めてみましょう。

 

頭皮環境を改善するためには、毎日使うシャンプー選びが大切です。

 

香りやツヤなどで選ばずに、頭皮を健康な状態に導いてくれるものが必要です。

 

毛穴の汚れをしっかり落としつつ、必要な皮脂は残すアミノ酸系のシャンプーが抜け毛ケアには最適です。

 

 

最近抜け毛が増えたと感じたら、まずは今使っているシャンプーを見直してみましょう。

 

抜け毛も白髪も予防できる↓haru黒髪スカルププロ